心残りなくスッキリ退職!

私が行った円満退職の方法集です!

円満退職じゃないと次の仕事先にも影響?

会社を辞めて転職する際は円満退職で会社を去るのが理想的だ。
何故なら円満退社でなければ、次の仕事先にも支障が出る可能性があるからだ。
例えば、仕事の引き継ぎや残った仕事の整理が不十分な状態で退社すると、前の会社から新しい会社に電話がかかってくる場合がある。
転職先の同僚や上司に不信感を抱かせる原因になりかねないので、後任への引き継ぎや仕事の整理は丁寧に行う必要がある。
また、前の会社から転職先へ悪い噂を流される可能性もあるのだ。
転職先の人事担当者が前の会社に問い合わせをすることもよくあり、その際に悪い噂を流されることもある。
さらに同じ業界内の転職だと厄介なことになる。
ケンカ別れのような辞め方をすれば、その話が同じ業界の人間を中心に広まっていく。
それが転職先にまで伝わってしまうと同僚や上司からの評価が下がるのだ。
このようなトラブルを避けるためにも円満退職が重要なのである。
では円満に退職する為にはどうすればいいのか。
まず、会社を退職するという行為は労働者の権利であるとは言え、上司・同僚・取引先などに少なからず迷惑をかけるものだ。
会社への影響を少しでも抑えるために繁忙期に退職の意思表示をするのは避けるのが無難だ。
また、退職の意思表示は1~2ヶ月前からするのがマナーである。
後任者への仕事の引き継ぎ、取引先への挨拶などやるべきことは多いので時間の余裕を持って行いたい。
そして最も大事なのは会社の就業規則に沿って退職の手続きを進めることだ。
ルールを無視して退職すればトラブルの原因になりかねない。
また、自分に不利な退職条件を飲まされる恐れもある。


2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031